忍者ブログ
the beaten track とは、踏み固められた道。つまりは何時も使っている道。それに off をつける事によって、何時もと違う道を往こう、何時もと違う事をやろう! という願いを秘め日々頑張ってる訳です。
[1] [2] [3
Posted by 甲子想 - 2011.07.08 Fri 21:19:02
 PS3 でネットワークをしている人なら知ってる事だと思うが、Playstation network が完全復活。
 停止していたお詫び、そして利用者への感謝として7月6日~8月4日までの間に無料提供されるコンテンツがある。
 ※2011年4月21日までにPlayStation®Networkのアカウントを取得している事が条件。

 ビデオコンテンツだけは7月8日~7月10日までなので注意。さっさかダウンロードしとくのが大吉。ダウンロードしてしまえば、その後一カ月の猶予がある。ただし、一度再生してしまうと72時間で期限切れとなる。
 コンテンツは下記の三つで全てダウンロードが可能。
 ・アイアンマン
 ・時をかける少女
 ・鉄コン筋クリート

 ゲームに関してはPS3とPSPのソフトが無料で手に入る……手に入れたソフトが期間内だけなのかどうかは判らん。多分、一度ダウンロードしてしまえばずっと遊べると思われる。

 ゲームの方はまだ猶予があるので、Playstation store で吟味するのがよろし。値段も違うのがあった気がするしな。

 ソースは下記。

 Playstation network


 とりあえず僕が手に入れたのは、

 PS3
 ・ハスラーキング
 ・無限回廊―序曲―

 ビリヤードのイメージトレーニングをするために。
 視覚錯覚は面白い。


 PSP
 ・勇者のくせになまいきだor2 PSP® the Best
 ・LocoRoco® -Midnight Carnival-

 勇者は持ってたが、売ってしまったはず。もう一度プレイしたくてな。
 ロコロコはあのノスタルジックな感じに惹かれた。


 とにかく、PS3でネット使ってる人はダウンロードしといて損はないだろう。

拍手[0回]

PR
Posted by 甲子想 - 2011.07.03 Sun 19:23:30
 一昨日購入してからというもの、サルのようにやってた。いろんなモンほっぽってがむしゃらにやってた。

 SmokingWOLFさんの作品はやはり面白い。

 SilverSecond

 さて、表題のシルフェイド学院物語。何から書けば良いのやらw
 一年後に起こる世界を滅ぼす災厄を何とかするために、主人公(自分自身)が世界に送り込まれる。その世界において主人公はいろいろな人達と関わりながら生活を送る。
 一週間毎にスケジュールを組み、その内容によって能力が上がったりイベントが起こる。

 学院において活動する部活を決定するのだが、それによってシナリオが大分変わる。大筋は災厄を何とかするって部分に変わりは無い。下記三つが公式のシナリオ。


 ・武運部 ひたすらに己を磨き、戦う
 とにかく能力値をあげて試合に勝つしかない。

 ・公安部 地域の平和を守る
 事件を解決するために探偵みたいな事をする。逆転裁判っぽくてわりと面白い。
 調査する際のメンバーに特色があり良い感じ。

 ・地歴部 未知なる発見を求めて冒険する
 ダンジョン探索が面白い。欲を言えばもっとダンジョンが欲しい。


 公式のシナリオと書いたが、公式以外にもユーザーが作ったデータをゲームに組み込む事が出来る。多分それがこのゲームの凄さの気がする。
 WOLF RPGエディターを作ってるだけあってそういった所はぬかりないようだ。
 と言っても、ユーザーデータを試した事が無いのでどんな感じなのかは判らない。
 まあ、既存のシナリオでも十分に楽しめる。今の所は2000円は高い気はする。が、ユーザーデータがかなり出てくると化け物クラスのゲームになる可能性がある。
 作れるようであれば僕も一作やってみようかな。

拍手[0回]

Posted by 甲子想 - 2011.06.17 Fri 22:19:06
             

 僕が買ったのは左のDSもっとえいご漬け。中央がDSえいご漬け。一番右がPCになる。
 DSは上記の通り二作ある。
 PC版は何作もあるはずだが、初代のそれは持っている。ノートPCに入れているため、たまーにしか起動しないレベル。

 PC版はPC版でタイピングの練習にはなるだろう。というか、英語向けのタイピングソフトではないか? と思える位に英語よりもタイピングの訓練になっている気がする。日本語入力から英語入力になった時に、タイプ位置が全く判らなくなったのだが、やり始めて慣れた。
 えいご漬けではないが、e-learning でも英語の勉強をしているのだが、それもやはり英語の勉強というかタイピングの練習ではないかと思えるほど。しかして、全体の3%しか終わってないから今後どうなるか全く判らん。しかも7時間で3%って……先が見えない。

 DS版のもっとえいご漬けが良。アマゾンのレビューでも書かれているのだが、DSとの相性が良い。どうしたってPC版と比較するのだが、DSは手軽に何時でも起動できる。そして、タッチペンを使うってのが秀逸。手を使って書くという行為がすごくしっくりくる。勉強してる感がなw まあ、聞いて話して書いて覚える。感覚器官を多く使用するのは脳科学的にも良いらしいしな。
 中央のえいご漬けはもっとえいご漬けの前作にあたり、内容にどういった違いがあるのかは知らない。とりあえず僕は英語の本質自体は変わらないだろうから、操作性が向上してるであろうと思われる新しい方を購入。
 使えば使うほどいろいろな機能が開放される、そういったゲーム性もある。学習ソフトでありながら、そういった楽しみも出来るので秀逸。子供に持たせるのも有り、というか是非とも持たせた方が良いと思う。

拍手[0回]

Posted by 甲子想 - 2009.06.17 Wed 13:59:15
 奈須きのこ氏が何時だったか日記にて紹介していたのでプレイ。そして鑑賞。そう、このゲームの神髄は鑑賞にあるのだ……と思う。まあ、北欧絡みならなんでも良いのだがな。
 ステージクリア後、その都度挿入されるイベントによってオーディンスフィアという物語の劇を観ているような感じ。
 アクションゲームとしても良いと思う。一応レベル設定はあるからアクションRPGと呼べない事もないかも判らないけど、アクションかと。

 ただ、このゲームの一番の難点はロードの長さと、処理の重さ。アクションはやはり軽快な速度でさくさく進むのが良い。いやしかしてそれは、アクションに限った話でもないな。
 プラットフォームがPCなら、スペックの問題や相性の問題によってさもありなん、とまだ我慢できるが、完全なゲーム機による処理の重さやロードの長さはどうしようもない程の欠点だと思う。映像の綺麗さだとかは、処理しきれる範囲で上を目指すべきなのではないかと。
 ゲームがゲームたる所以は一重にプレイヤーが操作するところにある。その操作のレスポンスなりが疎かにされて、綺麗さとか追及する意味が良く解らない。……まあ、映像の綺麗さによる重さなのかどうかは知らないけどな。

 とまあ、快適か否かという意味合いでシステム上の不満はあるのだが、それ以外は秀逸だと思う。難易度も設定できるからサクサク進むし。ある程度の手ごたえもある。マップを攻略していくようなアクション性はなく、敵をいかに上手く倒していくか? それに焦点を合わせている感じ。
 そして、アクションゲームの癖してボリュームが凄い。総プレイ時間は軽く40時間を超えた。

 シナリオも良いと思う。5人の主人公達が大筋のシナリオに上手く絡んでいると思う。何よりも北欧絡みだしな。
 ただ、クリア後の特典みたいな感じでガロン王とかバレンタイン王とかの物語が読んでみたかった。そこら辺の背景が明瞭じゃない感じがして感情移入できないというか、ストーリーが流れていかないというか……いや、僕の想像力の欠如なのかも判らん。


 という訳だが、面白かった。
 ベスト版は安い事もあり、十二分に元を取ったと思う。
 製作はなかなか良いみたいだし、来月給料が入ったらプリンセスクラウンもやってみたい。

  

拍手[0回]

Posted by 甲子想 - 2009.01.21 Wed 20:33:16
 蛇は美味しかったです。

 メタルギアソリッド作品はやはり凄いとしか言いようがない。技術力が半端じゃない。天才的なPGが…………いやオタコンだな。オタコンがいるに違いない。
 とまあ、技術力に舌を巻くわけだが、それ以外のところも細かいとこまで追求していて凄いと思う。シナリオにしたって、こんだけ創り上げるってのがまた凄い。一流が揃っていて、妥協してない。
 加えて、遊び心がふんだんに盛り込まれていてそちらでも飽きさせない。

 いやはや相変わらず恐ろしい作品でした。

 メタルギアソリッドとの出会いは、僕が中学生位の頃になる。実況パワフルプロ野球98あたりに体験版としてついてた。あの頃は金を稼ぐ術も持たないおこちゃまだった僕は、体験版といえど貪る様にしてやったものだ。
 で、あまりの芸の細かさにメタルギアソリッドシリーズの虜になった。
 個人的には、脅したり盾にしたりと2が一番好き。SUBSISTENCEにはスケボーもあって楽しかったし。

 3のSUBSISTENCEにはおまけDISCが二枚もついている。これはお得だな。一枚はいろいろとゲーム的でMSXのメタルギアとメタルギア2なんかも入っている、が……あれは無理だクリア出来る気がしない、つーかやる気がしない。よし、有野氏に任せよう。
 二枚目は本編を映像として観れるようだ。時間あけてから鑑賞。

 品薄のようだが、中古店とかいろいろ回ったら案外見つかるかも。
 僕は何時ぞや中古で三千円位だったはず。

拍手[0回]

ブログ内検索
CALENDAR
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
PROFILE
HN:
甲子想
年齢:
36
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/04/07
職業:
フリーターしつつライター
趣味:
読書、創作、武道武術
自己紹介:
 答えを得たり。
 自分の人生を生きるために行動する。


   能力とか
 TOEIC 300点
 ERE 忘れた……底辺あたりだったのは覚えてる
 へたれ度 大盛り 
 めんどくさがり度 120%
 All or nothing
 Time is life
ゲーム 創作状況
   死を伝える者
ジャンル:ビジュアルノベル 中編
 変数等を使う予定。
 制作状況10%

   アライクライ
ジャンル:ビジュアルノベル 中編
 シナリオと絵を使った作品。
 背景画像を自作。
 制作状況40%
小説 創作状況
   たいせつなもの
 中編 現代 恋愛小説
 5話 『最悪の再会 = 世界は狭い』 7/10更新

   精霊は聞いていた
 中編 西洋風 ファンタジー
 制作状況 40%
最新コメント
[07/19 甲子想]
[06/13 甲子想]
[03/28 弓圭]
[11/26 甲子想]
[04/04 甲子想]
最新トラックバック
忍者Ad
アーカイブ
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]