忍者ブログ
the beaten track とは、踏み固められた道。つまりは何時も使っている道。それに off をつける事によって、何時もと違う道を往こう、何時もと違う事をやろう! という願いを秘め日々頑張ってる訳です。
[694] [693] [692] [691] [690] [689] [688] [687] [686] [685] [684
Posted by 甲子想 - 2016.01.18 Mon 23:12:08

 ただしそれを調理するだけの腕はない!

 まずは昨日の夜の段階で雪が降った。そして朝も朝でかなり降った。そんな中を車で1時間ちょいかけて通勤。もう怖い。去年のスキー場関連で働いた時に、雪道やらを走った経験がかなり生かされたと思う。
 ただこっちは完全に湿雪で重い。特にワイパーがとられるのがきつい。途中雪がたまりすぎてワイパー動かなくなり、道の途中で寄せるという……交通量もそこそこあったもんだからかなり迷惑をかけていた事だろう。大変申し訳ない。ただあのまま無理くり走ったら事故ってたな。
 そしてこっちは除雪なんて早々入らないから走りづらい走りづらい。雪国よりこっちのが雪降ったら最悪。怖い怖い。出勤諦めようかと思ったほど。まあでも想定よりは早く着いた感はある。
 車の中で英語でも聞いて耳慣らししようかと思ったが、テンションもあがらないので無難にスキマスイッチを流していた。余裕が出来たら英語流そう。今年はToeic600点を目指す。

 初出勤は最悪の状況だった。まずは雪でかなりスタートが遅れた。んで、作業も難航。結果として飯も食わずに16時まで作業。何時ぞやの引っ越しを思い出した。まああの時よりは辛くはなかったが……食べないでやっても能率あがんない。力入らなくなってくるし。疲れてきてるねと言われたが、正直なところ疲労じゃねーしアホかと思った。
 そういった考えが当たり前になっていれば、それはもう逃げる人も出るだろうし定着もしないだろう。聞かれた事に答えただけなのに、それに過敏になる人ってよくよく理解できない。なら聞くなよと思う。価値観の統一というか自分色に染まらないとあかんとかそういうあれなのか? 十人十色。過去と他人は変えられない。

 僕自身は自己完結してる事は理解している。しているが枠を広げるためにも外に関わるとまあ考えさせられる事が多いのと。面倒な当たりを引くのが多い。ある意味ライター冥利に尽きるともいえるが、平穏を何よりも愛するという事を声を大にして叫びたい。

 さて、まだまだいろいろ書ける事はあるが、明日は明日でアイスバーンをやり過ごす必要もあるしでそろそろと寝て、早めに出勤する事にしよう。
 あぁ、派遣元の担当もいい加減同じこと言わせるのやめてほしい。クソの役にも立たないアドバイスはいらないから口を閉じてくれ。余計以外のなにものでもない、もっと重要な事はあるだろうに。ホント内勤が弱いとこはやりづらい。なんでこっちが尻拭いするのか理解に苦しむ。

拍手[1回]

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
CALENDAR
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
HN:
甲子想
年齢:
34
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/04/07
職業:
フリーターしつつライター
趣味:
読書、創作、武道武術
自己紹介:
 答えを得たり。
 自分の人生を生きるために行動する。


   能力とか
 TOEIC 300点
 ERE 忘れた……底辺あたりだったのは覚えてる
 へたれ度 大盛り 
 めんどくさがり度 120%
 All or nothing
 Time is life
ゲーム 創作状況
   死を伝える者
ジャンル:ビジュアルノベル 中編
 変数等を使う予定。
 制作状況10%

   アライクライ
ジャンル:ビジュアルノベル 中編
 シナリオと絵を使った作品。
 背景画像を自作。
 制作状況40%
小説 創作状況
   たいせつなもの
 中編 現代 恋愛小説
 5話 『最悪の再会 = 世界は狭い』 7/10更新

   精霊は聞いていた
 中編 西洋風 ファンタジー
 制作状況 40%
最新コメント
[07/19 甲子想]
[06/13 甲子想]
[03/28 弓圭]
[11/26 甲子想]
[04/04 甲子想]
最新トラックバック
忍者Ad
アーカイブ
バーコード
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]